読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ス・トラ・テラ」の心

大体深夜テンションで書き殴っています。

超絶真面目成功人間への道のり

新しいバイトを始めようと思って、面接に行ったときの話なんですけどね、まず電話して、マイナビ見ましたーっつって、面接の日程いついつねーって、そしてふつーにアホ面で面接行ったわけなんだけども、その面接はすんなりいってその場で採用みたいな感じになって、シフト完成したら連絡するねーってなったわけで。いつものバイトと変わらない雰囲気。(いつもって言ったけどわたしこれで大学生活六つ目のバイト。)

そして昨日店長から連絡が来てですね、なんと社長と面談してくれって、

社長!?

って、そりゃもう焦った。普通、チェーン店のバイトってわざわざ社長出向いてくれます?いろんな思考が巡るわけですよ、面談のときなんかマズイこと言ったかー?わざわざ呼び出し社長出動直々説教されて初出勤前にクビ通達されんのかなー、いやいやそれともヘッドハンティング??とかありもしない空想妄想巡らせたりとかね、でも行くしかないわけ。

行ったら可愛い社員さんとお喋りする時間があったりして、社長さんとお会いするのにワタクシのコミュニケーションテンションはバッチリ上昇、なんでも来いって感じ。
それはいいとして、そのあと社長さんとお会いしてお話したわけなんだけども、スゴいんですよね、たとえバイトを採用するときでも社長直々に面談してるらしい。謎に怒られるとか考えたのほんとに失礼。
社長さん、俺と面談する以外にも店長や社員さんと内容は分からなかったけど何か喋ったりとかしてたし、たぶん毎日のようにいろんな店舗回ってミーティングしてるんだと思う。俺とした面談も、飲食のアルバイトはほんとにいい経験になるって話だったり、大学でやってる勉強のことを話したら俺の卒業後の進路とか一緒に考えてくれたり、色々ためになる話をしてくれる、なんとまあいい人、そして爽やかで顔も良い。30分くらいお話ししてたけどこれをバイト雇うたびに社長直々にやってるのか…と、そんなに小さなチェーンでもないのに凄いなあ。やっぱ成功するためにはこれくらいの気概が必要なのか?って考えさせられた。

成功者っていうのを実際目の前にしてラフな感じでテーブルで向かい合ってお話するって本当にいい経験だなあと思ったワケ。

一発目の更新がこんなんだけど二度とこんな真面目な記事書くか。